ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人ー静岡県レッドリストの絶滅危惧種ー」を見学

遊ぶ

うだるような暑さの続く今年(2020年)のお盆休みですが、新型コロナウィルスの影響で例年の帰省やアウトドアは中止しました。

市内でどこかに、と思っていたところ、以前から気になっていたふじのくに地球環境史ミュージアムで「消えゆく隣人ー静岡県レッドリストの絶滅危惧種ー」という企画展を開催していたので家族5人で見学に伺ってきました。

見学した感想を一言でいうと「思っていたよりずっとアカデミック」です。

あまり見学の細かい内容を掲載してしまうのも、今後行かれる方の楽しみが減ると思いますので、展示の内容はおおまかに写真を掲載するのみにします。

まず、このミュージアムの成り立ちを少しご紹介します。

旧県立静岡南高等学校の跡地

静岡市内の方であれば静岡南高等学校と聞けば、「ああ、あそこね」とお分かりになると思います。
通称「南高」と呼ばれ1983年開校し2013年に閉校した県立高校です。

恐らく、大量の団塊ジュニア世代進学先として、学校不足を想定し1980年代に設置されたものと想像します。
その後、高等学校としては非常に短命の30年ほどで幕を降ろしてしまいました。

これほど急激な少子化は想像していなかったでしょうし、立地もあまり便が良くなく(東北の震災で沿岸部が敬遠されたことも遠因か)、学校としての特徴も弱かったように思います。静岡大学に隣接していますので、このあたりの繋がりをもう少し発揮でいたら変わっていたのかもしれません。国立と県立なので難しいのかもしれませんが。

その跡地を、元々県立の博物館の構想と合致させ、リノベーション(リフォーム)して2016年にオープンしたのがふじのくに地球環境史ミュージアムです。

地球環境史とは何?

ふじのくに地球環境史ミュージアムの「ふじのくに=静岡」「ミュージアム=博物館」では「地球環境史=???」、少し聞きなれない言葉です。
ふじのくに地球環境史ミュージアムの公式Webサイトのトップページに大きく「百年後の静岡が豊かであるために」と記載があります。

地球環境史学会という学会があるようで、そこにはこんな記述があります。

「人間圏」の環境への影響を正しく把握し,近未来の環境変化に備えるには地球環境本来の自然変動の特性を様々な時間・空間スケールで捉え,そのメカニズムを理解することが必要である.そのためには,過去の地球環境変動を高い時間・空間解像度で定量的に復元し,その結果を総合的に解析することが不可欠である

地球環境史学会とは │ 地球環境史学会
地球環境のさまざまなパラメーターを時系列で解析する分野は「PALEO…」と呼ばれ、この20年間大きく発展してきました。近い将来の環境予測をするという時代の要請に応えるには、過去の地球環境変動を高い時間・空間解像度で定量的に復元し、その結果を総合的に解析することが不可欠です。「地球環境史学会」は、複合的な視野からこの課題...

分かりにくいので以下は私の意訳です。

「人の環境への影響を理解し、100年後も持続可能な環境であるためには、今までの気候や地殻、人を含めた様々な生き物たちの変化を、長い時間で考え、その成り立ちや仕組みを理解しよう。
そのためには、今までの様々な環境・生物の変化をいろいろな手法で再現したり、調べたりして、多くの事柄を学ぶことが大切です。」

更に簡単にいえば

「今まで地球上(特に静岡)の出来事を良く調べて、この先の暮らし方、生き方に参考にしよう!」

といった感じかなと思います。

展示の様子

エントランス
エントランスです。かなり学校の面影が感じられます。

豊かさとは何か?/未来を考えるために、今と昔の真実を知る
「豊かさとは何か?/未来を考えるために、今と昔の真実を知る」

種

多様な沿岸環境と生物
多様な沿岸環境と生物

多様な生態系と生物
多様な生態系と生物

バランス
バランス/人の生活と自然環境のシーソー

感想(家族の反応)

最初にも書きましたが「思っていたよりずっとアカデミック」です。
ミュージアムだけあり、生物・植物の標本や岩石の標本などいくつかの部屋(教室)ごとに分かれコンセプト(お題)に沿って多数展示されています。

随所に説明書きもありますが、同行した小学生5年生の国語力だと少し理解が難しいようでした。
ただ、受付時にいただいたクロスワードには非常に食いつきがよく、楽しんで穴埋めしていたので、楽しめたようです。
帰りにクロスワードのご褒美に「缶バッジ」もいただき、大変喜んでおりました。

大人の目線ですが、ある程度生物、植物、地理、地層などの分野に一定の興味があり、バックグラウンドの知識があれば特に楽しめると思います。
全体的には、素材(標本や図解など)は提示するが、その先はあなたが考えてください。というスタンスのように感じます。

私たち自身にある種の問いかけをしているようにも感じました。
私個人は、バックグラウンドとなる知識も浅く、子供のころから昆虫好きというタイプでもありませんでしたが、メッセージは受け取らせていただいたかなと思います。

企画展はシーズンごとに変化があるようですので、変わったらまた行ってみたいと思います。

2020年の夏は、山梨県、静岡県在住者は大人は半額の150円で入場できますので、免許証など身分証明書を持参しましょう。

現地へのアクセス

交通・時間・料金・ふじミューフレンズ
交通 所在地 〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762 電話:054-260-7111 地図 路線バス 直通バス(平成28年3月26日から運行開始、1時間に約1本) JR静岡駅北口バスターミナル8-B番乗り場より、美和大谷線「ふじ

コメント