無料で遊べる静岡市葵区の「うしづま水辺の楽校」は小学生以下におすすめ

遊ぶ

今年で11年目を迎える「うしづま水辺の楽校」。
牛妻は私が誕生から9歳まで、牛妻団地に住んでおり、とても思い出深い土地です。
30年以上前ですが、牛妻保育園卒、賎機中小学校の中学年で転校しました。

以前から「うしづま水辺の楽校」という水遊びの施設が整備されたことは知っていたのですが、今年初めて小学生の息子と、幼稚園の娘を連れて遊びに伺ったところ、とても水もきれいで楽しめましたので、まとめてみたいと思います。

場所・アクセス

静岡市民の方はおなじみの静岡中心地から北部に繋がる安倍街道沿いにあります。
地図で見ると、賎機中小学校の西の安倍川沿いに立地していますが、小学校周辺から入場することはできません。

小学校を北に抜けて、安倍川を西に渡る「曙橋」の手前を左に降りて、砂利道を南に下ると到着します。
安倍街道からの入口が少しわかりにくいですが、看板がありますので、通り過ぎないようにしてください。

静岡市の中心地からおよそ30分ほど、新東名の新静岡インターから15分ほどです。

そもそも、うしづま水辺の楽校とは?

うしづま水辺の楽校は、簡単に言うと、夏季限定(7月下旬~8月下旬)に無料で遊べる水遊びの施設です。営業時間は10:00~16:00で、とても人気のある施設の為、朝から多くの家族連れでにぎわいます。

いわゆるプールではなく(幼児用はありますが)、安倍川の水が絶えず流れる大きな池が3つ連なり、主に幼児から小学生までが遊べます。

池というと、淀んだ溜め池のイメージがありますが、うしづま水辺の楽校の池は絶えず水が流れており、冷たく、とても澄んでいます。

運営は地元の有志の方々がされているため、利用は無料です。もちろん駐車も無料です。

3つの池

トイレ

売店

牛妻のあれこれ

基本情報

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました